人気ブログランキング |

タグ:木綿着物 ( 39 ) タグの人気記事

有松絞りまつりへ

有松絞り祭の会場へ
鳴海の駅から時代衣装を着て歩くイベントに参加します。
サッカー生地のなんちゃって絞りの浴衣に
黒い襟を付けて脚絆やら手甲やら笠も準備しましたよ。
荷物にはカゴ模様の布を縫い付けました。
c0021551_22102227.jpg
この程度の姿なら電車で会場まで行けますか。
杖と笠は手に持ちましょう

会場付近で裾をたくし上げ、
笠を被れば
c0021551_22101066.jpg
江戸時代にワープできるかな。
ちょっと蹴出しの量が多くて重い感じかな。
でも、この姿は歩きやすく涼しいです、
日射しもあまり気になりません。

さて、サッカー生地の浴衣は結構暑いので
長襦袢はやめました。
すると襟がうまく抜けなので
c0021551_22331337.jpg
浴衣の内側に
コーリンベルト通しを縫い付けました。
衣紋抜きの場所です。

あ、もちろん衿芯を浴衣の掛け衿に中を通していますし、
色んな小技(こわざ)を使ってますね。

by yamamotoyk | 2019-06-01 22:00 | 着物 | Comments(0)

夏久留米

一昨日の名古屋はもう少しで猛暑日。
体感的にも真夏の暑さで、麻*麻でも暑いほどでした。
昨日は一転、雨の一日。
途中で気温が急降下したようですが、
雨コートを着て買い物に出ていたので
フーフー言ってて実感できませんでした。

さて、今日は?
うっそ~、寒いです!
天気予報では、晴れると暑くなるとのことですが、
風が強く・・・それほど暑くはないようです。

さて、こんな日ですが、何を着ましょうか?
先週、暑くなる前に考えていた、やや透けるシルクウールは?
でも、これはちょっともったいないです。
つまり、5月なので透ける着物はちょっと・・・
ということと、
梅雨に入れば、小寒いのに透ける雰囲気にしたい、
な~んて日があるかもしれませんよね。
(本当にあるのか?)

と、ここで、夏久留米が目に入りました。
c0021551_22094516.jpg
このふんわりとした薄手の木綿は
軽くて気持ちが良いんです。
今日のような日にはぴったりかも。
襦袢はもちろん麻です。
帯はインド綿(柄はアフリカっぽいですが)

風はますます強くなっています。
にもかかわらずそんなに風が通って寒いということも無く、
・・・・
教室ではエアコンの設定が23℃になっていたので
そのままにしていたら、ちょうど良かったです。
でも、他の皆さんにはちょっと寒かったって・・・
夏向き半袖薄地の洋服だったからですね。
やっぱり24℃+扇風機が良いのかな。
部屋の温度ムラがあるからですね。

今日は唄の先生だったので、
椅子の上に正座してしっかり腹筋に力を入れて唄いました。
このところ、大きな声を出していなかったので
声が出せない感じでしたが、ちょっと改善したかな?
いや、まだまだな気がします。
まだ必死感ありすぎ。もっとゆとりを持った声が出せないと・・・

by yamamotoyk | 2019-05-29 22:40 | 着物 | Comments(0)

アフリカンワックスプリント帯締めた

できたてのアフリカン ワックス プリントを縫い付けた帯、
早速締めてみました☆
c0021551_22321377.jpg
着物はさらっとした浜松の木綿着物。
コレは遠州浜松の笠井織さんのもの(クリック)
ベージュのサマー シルクウールと迷いましたが、
そちらはかなり透けるので
もっと後回しにしました。

さて前夜、洋服の上から試着している時に気づいたんですが、
この帯、幅が狭いです。
たぶんまだ帯作り初心者だったので、
予定より幅狭にできあがってしまったんだと思います。

いつか、作り替えるかもしれないので
あと一枚残っているやや幅広の布は、
切らないように大切に保存しておきましょう。

ところで、半襟は先日縫い付けたミニオン布です。
無地の着物に合わせやすいですね♪~

今日はお稽古のあと、以前お仲間だった方が
赤ちゃん連れで遊びに来てくれました。
わぁ~カワイイ、とばかりに皆で楽しくお茶しました。
また来てくださいね~♪

by yamamotoyk | 2019-05-23 21:14 | 着物 | Comments(0)

冬逆戻り

初夏のような暑さから、一転冬に逆戻りです。
昨日は更に強風も加わり、参った参った。
今日は風は収まりましたが、
昨日以上に体感温度が低いです。
空気が総入れ替えになったかのようです。

それでも、ちょっと初夏っぽい気分にしたいので
c0021551_20383935.jpg
会津木綿にしました。
帯は藤の花。
風呂敷を見える所だけに縫い付けた帯です。
中にしっかり着込んで、
更にモスリン(ウール)の長羽織を着込んで
出かけました。

晴れて日が差してきたので
10分ほど歩くとやっと暑くなってきました。
どうも、なんか変な感じです。
身体が戸惑っているのが伝わってきます。

春の発表会が終わった今、
次は夏の浴衣会(内輪の会?)のための準備と練習です。
今までの舞台の積み重ねがあるので
たくさんの曲目がありますが、
ナンとかなりそうな感じです。

さあ、次の会に向かってまた練習しましょう!

ところで、今日の工夫
c0021551_20511925.jpg
浴衣の小物セットから得たアイデアを
早速実行しました。

それは、メッシュの帯板の後ろのゴムを外し、
買ったのに無駄になったかと思っていたメッシュの伊達締め、
これらを組み合わせて使ってみました。

帯板の上からメッシュの伊達締めを巻いて固定。
ちょっと扱いが・・ですが、
帯板と伊達締めを固定するともっと便利になりそうです。
帯を前で結んでくるりと回すのも
意外にスムースです。
あとはメッシュの涼しさがどの程度かな、
というのは真夏にならないとわかりませんケドね。

by yamamotoyk | 2019-04-28 21:10 | 着物 | Comments(0)

こだま木綿展と宴会

今日はこだまさんの木綿展と緩い宴会の日です。
夕方出かけるのに合わせて忙しい一日となりました。
なぜ忙しかったのか・・・やや不明ながらも
別の記事にしましょう。

さて、まずは直前になって決めた着物
c0021551_23154230.jpg
会津木綿にモナコグランプリ帯
しょうざんウールの予定でしたが
木綿展だからやっぱ木綿かな、と心変わり(^_^;)

多少は帯で遊ぶか、と男性受け狙いの車のモチーフ。
夕方なのでもう眩しくないかとベレー帽。

これにモスリン羽織(クリック)
こだまさんのモスリンですから(^_^)v

荷物を減らしたいので
首回りは手ぬぐいを巻きました。
手ぬぐいは便利です。
襟巻きにもなるし、食事ではエプロンにもなります。
いざとなったら手も拭けますけど、
一応タオルハンカチ(小)は持ってます。

木綿展ではマゴ④ちゃんに
かわいい着物地がないか探しましたが、
モスリンもかわいかったけど、
とても危険な物に遭遇・・・・・
c0021551_23230921.jpg
常々探していた
茶系、低め底(4cm)で、かつカジュアルすぎないカレンブロッソ。
なかなか見つからなかった物に、
あまりにぴったりなので
コレはもうこのチャンスを逃してはイケない!
と連れてきました。
PayPayとかPayPalとまだ入ってなかったけど、
クレジットカードが使えたのでラッキー。
だから、モスリンはヤメ。

そして、宴会の部
c0021551_23275219.jpg
コレは4人分です。
写真を撮ったのは最初のこの一皿のみ。
あとは忘れて10人の宴会で勝手なおしゃべりをして
色々美味しく頂いて、まんぷく。
楽しく過ごしてきました。

皆さんに感謝☆
次は3月の津市(時間的に無理かも)の伊勢木綿ファンミーティング
その次の名古屋は夏だそうです。

by yamamotoyk | 2018-11-17 23:38 | 着物 | Comments(0)

女中さんになりきり文化のみち

今日は文化の日
そして、東区では歩こう文化のみち2018がありますが、
それに便乗した大正ロマン着物道中に参加しました。

直前まではレトロチックな着物の予定でしたが、
急に気分が変わって
女中さんに変更(^_^;)
でも、半襟はたっぷり見せて
大正ロマン気分。
c0021551_22264387.jpg
前掛けは
神田祭の手ぬぐいを腰紐で結んだだけ。
コレ簡単で良い方法ですね☆
帯は帯締め無しの角だしで結んであります。

by yamamotoyk | 2018-11-03 22:29 | 着物 | Comments(0)

マンハッタナーズ猫

今日から名古屋高島屋の1階南階段脇で
マンハッタナーズの展示販売があるというので
自作のマンハッタナーズ猫帯を締めて、(クリック)
(見せびらかしだねぇ、show offだ)
ちょっと早めにお出かけしました。
c0021551_22153292.jpg
どこにいるのかな?
c0021551_22154427.jpg
はぁ~、レストランのテーブルの上でしたね。

ステキなバッグが色々ありました。
この帯に合わせて持ったらステキ☆
でも、端布さえあれば自分で作れるから・・・・
c0021551_22224990.jpg
悩んだんですが、
今持っている百均のカメラケースを
財布に流用しているのをやめて
こちらをお財布にすることにしました。
早速、中身を入れ替えて使い始めました。
紐をつけて鍵や時計もくっついています。
サイズも使い勝手もぴったりです。
紐をバッグの手に絡めておけば
すぐにバッグから取り出せます。

コレならひんしゅくを買わなくて済みそう。
(どれだけ貧乏くさいかって)
もとのケースもまだ新しいので
カメラケースにしました。

さて、今日から新しいビルでお稽古でした。
かなり狭いし、
机と椅子なのでどうも慣れません。
ん、椅子の上に正座しちゃいました(^_^)v
色々課題もありますが、
皆で相談やら対策やらしながら、
新しいお稽古の場を構築していく楽しみもありそうです。

by yamamotoyk | 2018-10-10 22:38 | 着物 | Comments(2)

レストランへ行く着物は?

昨日の着物をアップしました。
一日遅れ(^_^;)
c0021551_21104125.jpg
行き先の予定は
1)伝統工芸展
2)イタリアンレストラン(イタメシ屋ではない)
さらに朝昼の寒暖差が予想されています。

と言うことで、着物は
夏久留米
帯はレストランの猫にしました。

伝統工芸展初日、
例年かなり気合いの入った着物姿が見られるので、
それを見るのも、ちょっと楽しみですね。
実際、かなり豪華な方が多かったです。
私はと言えば、
昨年(2017)は10月4日が十五夜だったので、(クリック)
お月様帯にしたところ、声を掛けられました。
で、今年は猫好きの方に声を掛けられました☆~
あ、もちろんレストランモリスの方にも
気づいていただけました♪~

by yamamotoyk | 2018-10-04 21:54 | 着物 | Comments(0)

すでに秋・・・

今日もまだ降ったりやんだりの小涼しい日です。
例年なら秋の気分でもまだ暑いので、
濃い色の麻または綿麻を選ぶところですが、
今日は全然その必要はありません。

しかし、雨が急に降ってくるので
絹物の単衣は無理です。
やはり極薄手の銘仙は難しいですね。(クリック)
晴れれば、当然暑くなる時期ですから。
この銘仙の写真を探していて
ヤフオクゲットの上布着物を見つけました。
あぁ、それもいいですね。
でも、今日は
c0021551_21533954.jpg
浜松の歌舞伎用遠州木綿に決定。(クリック)

行きは大した雨ではないし、
帰りに雨に降られたとしても家ですぐ脱げますから
木綿でも大丈夫。
木綿は濡れると乾きが遅いので、
濡れたまま着ているのは不快です。

帯も木綿(インド絣)ですが、
帯が濡れるのも嫌なのでポリレースの長羽織を着て出ました。
この羽織、重宝しています。

今日は三味線の先生でした。
来年のお弾き初めの計画が少しずつできてきました。
どんどん季節が進んでいますね・・・

by yamamotoyk | 2018-09-12 22:23 | 着物 | Comments(0)

夏久留米

朝から雨です。
家の中は蒸し暑いですが、
外は次第に気温が下がっているようです。
しかし、さすがに羽織を着る気温では無いですね。

雨はあまりひどくなくしとしとと降っています。
こんな日は何を着ましょうか?

ふと夏久留米が目に入りました。
夏久留米はざっくりとした織りの木綿です。
木綿特有の細かい皺が目立たないので
好きな着物です。

木綿の着物は雨に濡れると乾きが遅く、
裾がべたべたと足にまとわりつくのが嫌ですが、
今日の雨は裾が濡れるほどでは無いので大丈夫かな。
上に紗の雨コートの上だけを羽織っていきました。
着物は洗えますが、
帯は洗いたくないからです。

今日はお稽古に行く途中で
もう一度手児奈さんに寄ろうと思うので
バティック帯を締めようと思います。
c0021551_21105935.jpg
この夏久留米は一方付けの青海波になっています。

さて、なぜまた手児奈さんかって?
実は小倉さんの展示が今日までなので
手ぬぐいをもう一本買って
帯を作ろうという魂胆。

結局、駒尽くしの色違いを買って(クリック
それで作ることにしました。
色違いにしたのは
手児奈さんのアドバイスに従ってみようと
ちょっと冒険です。
これについてはいずれまた。

今日は三味線の先生だったので
三味線たっぷりのお稽古でした。
なんだかくたびれました。

by yamamotoyk | 2018-05-30 21:48 | 着物 | Comments(0)