タグ:鶴舞 ( 2 ) タグの人気記事

小倉充子 江戸型染展@ギャラリー手児奈さん

思いついたので、早速行ってきました。
鶴舞3連チャン

ギャラリー手児奈さんで、小倉さんの江戸型染め展です。
昨日アイロンをかけた浜松木綿(クリック)
有松絞祭りの予行練習も兼ねて
江戸風の帯結びに
手甲、脚絆、着物の裾をたくし上げられる様に
しごきを帯の下端に結んで帯締めの代わりにします。
これに自転車袴(サルエルパンツ?)、
地下足袋草履(クリック)
自転車ヘルメットも合わせれば
何じゃコレスタイルの完成です。(クリック)

今日は初日と言うことで
小倉さんも、型を彫っていらっしゃる方も在廊されていて
おしゃべりに花が咲きすぎて写真なし。

せめて・・・と買い求めた手ぬぐい2点の写真でも。
c0021551_21320103.jpg
左の手ぬぐいは駒尽くし、上から順に
春駒、糸駒、まわる独楽、
色っぽいのは三味の駒、
ばかにつけるはネ 桜鍋
将棋の駒よりゃ鹿革菖蒲駒、そして駒下駄、
江戸の粋ですね☆

桜鍋?馬肉のすき焼きは鹿屏風の陰かな?
鹿革菖蒲駒というのは
鹿革に菖蒲と馬のデザインを染めたものだそうです。
”勝負”にかけて男性用(武具やたばこ入れ)によくあるようです。

右は神田祭の山車のようです。
一番の山車は一番鶏の諫鼓鶏
二番の鉾は馬歴神(馬の守り神の猿)
三番が翁の神田丸
と神田祭の歌詞にあるのを彷彿とさせます。
鉦や太鼓の音が聞こえるよう。
広重の名所江戸百景を彷彿とさせる構図です。

[PR]
by yamamotoyk | 2018-05-21 22:28 | 外出 | Comments(0)

ケチャさん更紗展inNagoya

甲府のケチャさん(クリック)の
名古屋、鶴舞の結緋さんで展示会、5月18~20日
と言う情報ゲットしたので(クリック)
今日行ってきました。
今日しか時間が取れなかったからですけど。

午前には丸栄の文字通り閉店セール
(昨日行けなかったので、欲しいものは売り切れでした)

さて、鶴舞中央線の高架下にスタジオ結緋さんがありました。
広いスタジオの一角に・・・
思ったより狭いと思ったのですが・・・
c0021551_21075777.jpg
見始めるとなかなかの品揃えです。

手前の台は着物用のイカット(絣地)や帯など
c0021551_20471971.jpg
広げて見るとまた印象が変わりますね
c0021551_20471622.jpg
右の布はチレボンという産地に特徴的な
メガムンドゥン(雨雲)柄に重ねて白鳥と花が染められたバティックです。
左は銘仙にも似た光沢のあるイカット(絣模様)

向こうの台には帯や洋服用のバティック(ろうけつ染め)など
そして一番窓際は
c0021551_20472478.jpg
小さな布が色々あってお値段お手頃・・・
と思ったら、コレは足袋用ですって。
いいですね~☆

手描きの選び抜かれたステキなバティックが
”適正価格”・・たしかに、そう言われるとそうですね。
そして、着物用のイカット地は用尺があるので、
確かにちゃんとした木綿の着物くらいのお値段だったかな。
とりあえず、衝動買いするお値段では無いので
あまり真面目に見なかった(^_^;)ですが、
探している人にとっては比較的買いやすいお値段かも。

さて、このあとWAMOさんで昼食にしようと思っていたら
ケチャさんはWAMOさんとお友達だそうで♪~
よろしく~、と言われました。

で、WAMOさんでの昼食は
c0021551_21144352.jpg
昨晩、生ハーブから作って煮込んであったという
骨付き鶏さん
本当はコレを唐揚げにするのだそうですが、
煮込んだだけをいただきました。
味がしっかり染みてほろほろに柔らかくなっている鶏さん
とっても美味しかったです☆

そして、せっかくケチャさんに行くんだからと
選んだ服は
c0021551_21180494.jpg
前回WAMOさんから連れ帰ったバティック(クリック)を
腰に二回りして端同士を結びました。
前がひらひら~
あら、いい感じ☆
ただし、2回も巻き付けているので足裁き悪~(T_T)
歩けぇへん。
家に帰ってからちょっと研究しました。
巻き始めの端が足の動きを邪魔しない様にすれば、いいかも。

あ、イイページを見つけました。(クリック)
巻き始めを足の横にして、
途中でタックを取って、最後は体の前で終わる様にすると
いい感じで足裁きもいいようです。

2回体に巻いて結ぶ分が残れば、
楽にスカートにできます。
さっそく輪に縫ってたあった他のものをほどきました。(^_^)v

[PR]
by yamamotoyk | 2018-05-18 21:33 | 外出 | Comments(0)